top of page

浪江町に移住!

こんにちは!

シンカスタッフの吉田です。



私は福島県郡山市出身で、2022年1月から浪江町で生活をしています。


2021年12月実施「第二回おおくまハチドリプロジェクト」というアイデアソンコンテストにて最優秀に選ばれ、事業の準備と開催に向けて、家族(母、弟)と一緒に移住をしてきました。


そして2022年3月19-20日に、「色」「音」を全国の若者や地域の人と協力しながら生み出していくプロジェクト「パレットおおくま-アートと食を彩るフェス-」を開催しました。



会場は福島県大熊町にあるKUMA・PREという交流施設で実施しました。避難指示解除前の夜間人口0人の時期で、開催3日前には震度6弱の大地震により常磐線が運転停止という状況にも関わらず、来場者数は2日間で延べ350名で、大野駅前は以前のような賑わいを取り戻しました。(350名≒当時の大熊町の居住人口)


実際に浪江町へ移住したことにより、町で起業したという方と繋がり、そして浪江町に限らず近隣地域との関わりも持てるようになりました。福島県浜通りは、各市町村で特性や課題感が似て非なるもので、実際に町へ移り住み、そこの住民とのコミュニケーションを取っていく中で、より良い打ち手が見えてくるということを強く実感しました。


今後も大熊町や近隣地域で芸術祭を牽引していきながら、以前あった人の賑わいを取り戻していければと思います。2023年3月12日(日)には、旧大野小学校を会場とした音楽フェスを開催するので、浪江町在住の方もぜひいらっしゃて下さい!

また、浪江町や福島県浜通りで若手クリエイターと町民の皆さんと共に、新たなコミュニティを作っていきたいと考えているので、ご興味ある方は、お気軽にお声掛けください!


シンカでは浪江町での起業から事業支援も行っていますので、お気軽にご相談や、お話だけでもぜひ!ご来館をお待ちしております。

閲覧数:165回

最新記事

すべて表示

Comments


CATEGORY

ARCHIVE

TAG

bottom of page